低いベッドにも違いがある|部屋をスッキリ見せるならフロアーベッドがお勧め

低いベッドにも違いがある

眠る人

良く間違われる二つのベッド

フロアーベッドとローベッドはどちらも低いため、置いていると圧迫感が軽減されて部屋を広く見せる効果があるので使っている人が多い商品なんです。それぞれに違いがありますが、それを知らずに購入して失敗してしまったなんてことがないようにしましょう。

高さの違いで大きく変わる

フロアーベッドは床に近く、そのほとんどがベッド本体に脚が付いてません。一方ローベッドは高さが低いですが、脚が付いているんです。そのため、微妙な差があるんですよ。

ふたつを比較したときの差って?

フロアーベッドは脚がないので、ベッド本体の通気性が少なく掃除が少ししずらいのが欠点です。しかし、脚がないので部屋においても圧迫感がありません。また、もし落ちてしまっっても衝撃がほとんどこないのが良い点です。
ローベッドは脚があるので、ベッド下の通気性が良く掃除がしやすいのが特徴です。ですが、脚があることで長期使っていると、きしみが気になることがあるかもしれません。できるだけ長く使用できるように耐久性について確認しておくといいですね。

広告募集中